裏話


グループ展が終わりました。たくさんのご来場ありがとうございました。
今回は全体のお話。個人のことは改めて書きます。感想自体は個人の想いです。

突然ですが、私は写真展を見に行くことが好きです。知っている方、知らない方に関係なくきっかけがあれば結構見に行きます。

写真だけでなく色々見ます。勝手に見えてくることもよくあります。導線が狭すぎて写真を見る環境にないこと、仲間内で盛り上がっていて話しかけたくても誰が出展者なのか分からないこと、著名な写真家の方でもただ出してるだけのように見えること。元々そういうことを見る傾向が強いけど、今回の展示が決まってからは意識的に見ていました。個展や少人数のグループ展だとすごく気になります。

何が言いたいかというと、少人数の展示をするからには来てくれた人に嫌な思いをしてほしくなかった。とある方が、好きな写真家のイベントのために遠くまで行ったときに嫌な思いをしてそれ以来冷めてしまったという話をしていたことがあります。写真以外のことで嫌になるのは勿体無いし、申し訳ない。それぞれ考えがあるだろうけど、私はこれが一番大事。至らなかったこともたくさんあると思いますが、写真を見る環境になっていて何かしら感想を持って帰ってくださっていたら嬉しいです(笑)

今回は「ギャップ」というテーマを持った写真展でした。被写体の方のある面とある面を対比させて展示するというコンセプトの展示。できる限りコンセプトを会話してから写真を見てもらうように心がけるようにしました。直接会話したりTwitterで読む限りでは、面白いと感じてくださったり、意図が伝わった感想の方が多くて良かったかな。

公式のTwitterにも書いてありますが、写真展をやることが決まったときには展示経験者がいなく、テーマ決定や会場決定、レイアウトやルール決めなど皆で手探りで創ってきました。きっと終わった当日にツイートした”無事終わってホッとしている”というのが本音で、よくここまで辿り着いたと思います。大変貴重な良い経験になりました。

「ギャップ」というものに向き合うのは難しく、結果的に5人それぞれの解釈や表現方法が出て面白い展示になったと思います。自分で言っていいのか? まぁ頑張ったからいいんじゃないかな(笑)

余計なこと書きすぎたかな。。
全体の総意ではないです。個人の意見なのでご容赦願います。

想定していたよりも多くの方が来て下さいました。
本当に嬉しい限りです。ありがとうございました。

[ 裏話 ]Diary,写真展, 2018/08/17 01:10